【男性編】ヨガの服装選びの注意点

最近ヨガを始めた方の中には「どんな服装でヨガに通えばいいかわからない」という方もいることでしょう。

ヨガスタジオには女性も多く、何のウェアを着れば正解かは気になるところ。

ウェア選びが楽しいというのも、ヨガのみならずフィットネス文化の楽しみの一つと言えます。

この記事では男性がヨガウェアを選ぶ際に気をつけるべき点について解説しております。

是非これからヨガを始める、またはすでに始めている方は参考にしてみてください。

目次

ヨガウェアにデザインは必要?

超個人的な意見をいうと、ヨガウェアにデザイン性はあまり求めなくて良いです。

なぜなら、ほとんどの男性がヨガの際は素朴な服を来ているからです。素朴というのは無地もしくはワンポイントが入った、ちょっとヨレめのシャツのことですね。

逆にめちゃくちゃオシャレなウェアを着てヨガをしている人に出会ったことがありません。おそらくヨガのもつ独特な雰囲気が「ヨガの際は素朴な服を着た方が良い」と思わせるのでしょう。

そのため、ヨガウェア選びの際はデザインにこだわり過ぎず、機能性で選ぶべきではないかというのが個人的な考えです。

体にフィットする服を選ぼう

ヨガウェア選びの際に、注意してほしいのは大きめのウェアを選ばないことです。ダブつかない程度のウェアを選択しましょう。

ヨガの動きの中でも立位のポーズの際は、ウェアが大きいと顔や鼻にかかることがあります。これ経験してみるとかなりストレスです。首回りのサイズ感は注意しましょう。

ヨガをタンクトップでする方もいますが、タンクトップはかなり顔や鼻にウェアがかかりやすいので、サイズ感は特に注意です。

かと言って、体に密着しすぎるもの動き辛くて考えもの。キツくなりすぎずゆるすぎず、適度なサイズ感を選んでください。

通気性・速乾性はマストで

実際にヨガを経験してみるとわかりますが、かなり汗をかきます。ホットヨガならなおさらですね。

そのため、ヨガの際は通気性や速乾性のあるウェアを選びたいです。

スポーツウェアがある場合、それを着れば通気性の点では問題ないでしょう。

ヨガブランドから出ているヨガウェアなら、通気性も優れ素朴でオシャレないい感じのものが揃っているのでそちらを選ぶのもいいですね。

体にベタつかないものを使用しよう

速乾性にも繋がりますが、ヨガの際にウェアがベタつくと集中力が途切れる原因となります。

ヨガは集中こそが命のようなところがあるので、集中の妨げになる原因は極力排除したいですね。

綿100%の素材は汗をかくとベタつき安くなるので、機能面でみると避けた方が無難でしょう。

やはりこう言った点からも、スポーツウェアのようなドライ素材がヨガに適していると言えます。

股下は余裕があるようにすべき

ヨガでは、足を大きく開く動きが数多くあります。そのため、股下に余裕がないと思い通りの動きができなくこれもまたストレスになりがちです。

上半身のシャツに関してはぴったりしたものを選び、下半身のウェアについては少し余裕をもったサイズを選ぶと良いかもしれません。

ただし、もちろん大きすぎは動きの妨げとなるためやめておきましょう。

おすすめのヨガウェア

ヨガウェアに関してですが、個人的にはユニクロのドライEXシリーズをオススメしています。

以下の記事ではユニクロのヨガウェアの魅力を書いてあるので参考にしてください。

「男性のヨガウェアにはユニクロがオススメ」

ユニクロのドライEXは、先ほど述べたヨガウェアの条件を満たしながら、かつ圧倒的に値段がお得という素晴らしいウェアです。

だいたい1着1,980円ほどで購入できるので安価にウェアを揃えられます。デザインもヨガ特有の素朴感が出ており、ヨガの雰囲気にマッチします。

これからヨガウェアを購入される方は、是非ともユニクロも選択肢として入れてみてください。

よかったらシェアしてね!

この記事の著者

アシュタンガヨガ頑張ってます。元パーソナルトレーナー/RYT200

目次
閉じる