【スラランカ】アーユルヴェーダパビリオンズで5日間過ごしてきました

先日スリランカにあるジェットウィングアーユルヴェーダパビリオンズでアーユルヴェーダトリートメントを受けてきました。

かなりいい体験だったので、そのことについて記録を残しておきます。

これからスリランカでアーユルヴェーダを体験してみようと思っている方はぜひ参考にしてみてください。

目次

ジェットウィングアーユルヴェーダパビリオンズについて

ジェットウィングアーユルヴェーダパビリオンズはスリランカの空港から車で約30分とアクセスからりアクセスの良いアーユルヴェーダホテルです。

アーユルヴェーダの先生に、ミスター触診?と呼ばれる凄腕の人がいたりと日本人から非常に人気のホテルみたいです。

結構アーユルヴェーダパビリオンズへのツアーとかたくさん出ているみたいなので、スリランカへアーユルヴェーダを受ける人は候補に上がりやすいでしょう。

料理も美味しく、ホテルも綺麗なので快適な環境でアーユルヴェーダが受けられます。

アーユルヴェーダパビリオンズのアクセス

アーユルヴェーダパビリオンズへは、バンダライケ国際空港から車で約30分、ネゴンボと呼ばれる地域にあります。

リゾート地の中にあるので、ホテルの外でも結構いろいろ楽しめたりします。

ツアーの人は空港から車の送迎がついていることがほとんどなのでアクセスに苦労することはあまりないでしょう。

アクセスの良さが魅力のホテルです。

ジェットウィングアーユルヴェーダパビリオンズの1日の流れ

アーユルヴェーダパビリオンズでの1日はトリートメント中心に回ります。

トリートメントの時間が午前か午後かによって、その日をどうやって過ごすかが変わってくるわけですね。

トリートメントが朝一の早い時間(朝8時とか)に始まる場合は、昼から丸々空き時間になりますし、トリートメントの時間が夕方になると、午前中からがっつり空き時間になります。

トリートメントの時間は前日の夜に発表されるので、そこから予定を組むことになるでしょう。

また、毎日ではありませんが日によっては夕方にアクティビティがあることもあります。

私の場合は、音楽セラピー、クッキング教室、アーユルヴェーダ座学などのコンテンツがありどれも興味深かったです。

ジェットウィングアーユルヴェーダパビリオンズの食事について

アーユルヴェーダの食事は肉や魚を使わない味気ないものになりがちですが、アーユルヴェーダパビリオンズの食事はバリエーションもあり、毎回美味しくいただけました。

バリエーションも豊富なんで、食事は大きな楽しみの一つになります。

ただ、量は少なめなので最初の頃はちょっと辛くなるかもです。

日が経つごとに食事の量は慣れてくるでしょう。

ジェットウィングアーユルヴェーダパビリオンズのホテルについて

ホテルの部屋はエアコン付きの部屋とエアコンなしの部屋があり、今回私はエアコンのないタイプの部屋を選択しました。

エアコンなしの場合、気温が心配になりましたが、大きめのファンが部屋に備え付けており、そこまで暑さは気になりません。

とはいえ、慣れるまでに2~3日かかりましたので、ストレスを極力避けたい方は、エアコンありの部屋が無難です。

部屋の広さは12畳くらい?はあるので1~2人で過ごす分には快適に過ごせるでしょう。

まとめ

アーユルヴェーダパビリオンズについて紹介しました。

スリランカでアーユルヴェーダトリートメントを受けるなら、かなりおすすめできるホテルです。

空港からのアクセスも良く、日本語ができるスタッフもいるので、大きなストレスもなく受けることができるはずです。

アーユルヴェーダが気になる方はぜひチェックしてみてください。

よかったらシェアしてね!

この記事の著者

アシュタンガヨガ頑張ってます。元パーソナルトレーナー/RYT200

目次
閉じる