【消費カロリー】ホットヨガはどのくらい痩せやすいのか調べてみた

この記事ではホットヨガの消費カロリーについて紹介しています。

ですが、あなたがダイエット目的でホットヨガに通っている、これから通おうとしているなら、気になるのは「本当にホットヨガで痩せられるかどうか」であるはず。

ネットでホットヨガの消費カロリーについて軽く調べてみましたが、いろんな意見が混じっておりよくわからないことになっています。

著者である私(@azizi_yoga)はかつてパーソナルトレーナーとして活動し、ダイエットについてはそれなりに知識があると自負してます。今回紹介するホットヨガの消費カロリーやダイエット効果については完全に正しいとは言えないまでも本質はついているかと思われます。

ダイエット目的でホットヨガに通う人はぜひ一読いただけると嬉しいです。

目次

ホットヨガの消費カロリー

ホットヨガの消費カロリーはLAVA公式サイトによると300~350kcal(60分1クラス辺り)と言われています。

『ホットヨガは 1レッスンあたり300~350Kcal のカロリー消費』です!!

引用:LAVA公式サイト

他のホットヨガについても調べてみましたが同程度の消費カロリーのようでした。

ただし、この消費カロリーの数字は性別や体重、クラスの運動強度によっても左右されるので注意してください。

標準的なクラスに参加するとして、女性の方は300kcal前後、男性は300kcal後半くらいを目安に考えればよいでしょう。

他の運動と消費カロリーを比較

他の代表的な運動の消費カロリーを以下にまとめました。あくまで目安の数字であることと体重性別でも変化するのはホットヨガと同じです。

水泳・・・・・・1,000kcal以上
ランニング・・・500~600kcal
テニス・・・・・350~450lcal
ホットヨガ・・・300~400lcal
常温ヨガ・・・・200~300kcal
ウォーキング・・100~200lcal

※全て1時間で換算

消費カロリーの値は参考にする文献でも変化しますので、各文献の大体の平均を個人的にまとめているのでご留意ください。

こう見ていくと、ホットヨガではテニスを1時間続けるよりちょっと少ないくらいの消費カロリーであるのがわかります。

水泳やランニングの方がホットヨガより消費カロリーは高いですが、考えてみると1時間も水泳、ランニングを続けるのって相当しんどいですよね。僕は想像するだけで嫌になります。

ホットヨガは1時間続けてもそんなにキツいわけでもなく、むしろ楽しくレッスンできるので、継続しやすいといった意味ではダイエットにもおすすめできる運動といえます。常温ヨガよりも消費カロリーが高くなっていることも注目です。

渋谷表参道のアシュタンガヨガスタジオ

ホットヨガは痩せられる?

先ほどのホットヨガと他の運動を比較してわかったことですが、運動として消費カロリーがそこまで低いわけではないということです。1時間みっちりテニスをするくらいの運動量ですから、なかなかの運動量と言えます。

ただし、ここで問題になるのが1時間1クラス350kcalで、実際に痩せられるのかということです。

ホットヨガで消費される300~400kcalを食事に換算すると「ご飯大盛り」「食パン2枚」「うどん1杯」くらいのカロリーです。カレーやラーメン、ポテトチップスなど、カロリー高めのものを食べると簡単にオーバーしてしてしまいます。

こう考えるとホットヨガの消費カロリーは少ないように思えてくるのではないでしょうか。

消費カロリーと摂取カロリーの関係

ここで大事になるのが、ダイエットにおける消費カロリーと摂取カロリーの関係です。

ダイエットでは以下の原則を考慮することが非常に大切になってきます。

(消費カロリー>摂取カロリー)→ 痩せる

つまり、1日に消費したカロリーが1日に摂取したカロリーを上回ると体重は減っていくということです。

だからダイエットのためにすることは「運動量をあげて消費カロリーを増やす」もしくは「食事を抑えて摂取カロリーを減らす」この2つになってきます。

消費カロリーより摂取カロリーに注目しよう

消費カロリーの点で考えるとホットヨガは約300kcalでした。今の食事を変えずにホットヨガだけで痩せようとする場合、週1回通うなら体重1kg減らすのに約6ヶ月かかる計算になります。(計算方法は長くなるので省略してます。)

週2回通うとすると単純に半分の3ヶ月で1kg痩せられることになりますが「週2回ホットヨガ3ヶ月に通って1kgしか痩せない」のはけっこう割りに合わないと感じるのではないでしょうか。

ホットヨガに限ったことではなく、他の運動でも消費カロリーにそこまで大差がない以上、運動だけのダイエットには時間がかかります。1時間のランニングを週1回継続したとしても、運動だけでは1kg痩せるには3ヶ月以上の期間が必要な計算になります。

こう考えると、消費カロリーだけを増やしてダイエットするのはなかなか難しいということがわかります。より効率的にダイエットをするには、運動で消費カロリーを増やす以外に、摂取カロリーを減らすことも重要なんです。

絶対に痩せさせると豪語しているライザップでも、食事制限は必須になっています。

ホットヨガはポテトチップス一袋よりも消費カロリーは低いということは、今まで食べていたポテトチップスを我慢すると、ホットヨガ1時間以上のダイエット効果があるとも言えるんです。

大体が運動を増やすよりかは食事を減らした方が手っ取り早く痩せることができるんですね。(ただし、食事を減らし過ぎるのも問題なので難しいところです。)

長くなりましたがわたしが言いたいことをまとめると以下です。

まとめ
・ホットヨガの消費カロリーはそんなに悪くない
・とはいえホットヨガだけで痩せるには時間がかかる(ホットヨガ以外の運動でもこれは同じ)
・効率的に痩せたいなら食事の制限は必須

-関連記事-

[clink url=”https://danam.jp/hot-yaserukikan/”]

ホットヨガで基礎代謝は上がるのか?

いろんな記事を読んでいると「ホットヨガで基礎代謝が上がり長期的にみると痩せやすくなる」との言及がありましたが、正直これが正しいのか正しくないかの判断は難しいところではあります。

確かにホットヨガで、何かしらの体質が改善される、もしくは筋肉が増えることで、多少なりとも代謝が上がることはあるかもしれません。しかしダイエットに直接効果が出るほど代謝が上がるのかと言われると疑問に思うところではあります。

一つ確実に言えることは、ホットヨガで痩せたいならヨガの継続と節度のある食事は必須ということです。「痩せやすい体になる」という魅力的な言葉にはあまり期待しすぎない方がよいのではではというのが個人的な意見です。

やるべきことをやってコツコツと目標の体になっていきましょう。

ヨガマット

ホットヨガで消費カロリーを増やすポイント

ホットヨガの消費カロリーを増やすなら以下の2つでしょう。

・レッスン頻度を増やす
・レッスンの強度を高くする

上記2つでもレッスン頻度を増やすのが一番確実です。週一回のレッスンを週二回に増やすと単純に1週間の消費カロリーが2倍になりますので。

他の記事で発汗クリーム?やダイエットドリンク?みたいなのを使うと消費カロリーが上がると紹介されていましたが、そこまで効果は期待しないほうがよいでしょう。まったく効果がないわけではないでしょうが、効果は微々たるものかと思われます。

消費カロリーを上げるなら、しっかり集中してたくさん運動しようということですね!

結論:ダイエットしたいなら食事を見直しは必須

ホットヨガの消費カロリーについて紹介しました。

ホットヨガの消費カロリーは低いわけではなく、ダイエット目的で通われるのもいいですが、痩せたいなら食事の見直しはほぼ必須です。

ただ極端な食事制限もリバウンドの確率を上げますので避けたいところ。一番は適度な食事とホットヨガをコツコツ継続することですね。

ゆるく無理せず続けていきましょう。徐々に理想の体に近づいていくはずです。頑張っていきましょ。

よかったらシェアしてね!

この記事の著者

アシュタンガヨガ頑張ってます。元パーソナルトレーナー/RYT200

目次
閉じる