Dr.ストレッチで柔軟性はUPするのか効果を確かめる

先日ドクターストレッチに通ってきました。

東京都内を中心に大阪や名古屋など都市部に複数店舗展開しており、何度か目にした方もいることでしょう。

実際に通ってみて実感したことをこの記事では書いておりますので、これからドクターストレッチに通おうか検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

目次

ドクターストレッチの効果は?

ドクターストレッチを通う目的は人により様々でしょう。

一番多い理由は「肩こり」「腰痛」などの体の不調を改善したいというものでしょうか。

そのような体の不調に対してドクターストレッチの背術は効果があるといえばあるし、効果がないといえばないというのが個人的な意見です。

というのも、肩こり、腰痛などの体の不調の原因は様々なものがありストレッチでは対応しきれない原因もあるからです。

ストレッチでは対応しきれない原因の一つに、例えば「筋力不足」が挙げられます。下半身や体幹部の筋力不足が原因で起きる肩こり腰痛は、ストレッチをしても一時的には改善されても、時間が経つと痛みが再発する可能性が非常に高いです。

ですがもちろん、ドクターストレッチで凝り固まってしまった筋肉をほぐすことで著しく改善される場合もあります。実際にストレッチで効果が出るものなのかどうかは真剣にドクターストレッチのトレーナーに聞いてみると良いかと。

トレーナーもビジネスとしてストレッチを提供している以上、効果がないとは言わないでしょうが、ある程度正直な意見はくれるはず。

柔軟性UPが目的なら最適

今回、私はヨガのために柔軟性を上げる目的で通ってみました。

単純に可動域を上げたい人や柔軟性を上げたい人にはかなりオススメできるかと思われます。やはり自分一人で行うストレッチと、人に助けてもらうストレッチでは伸びが全然違います。

おそらく、初めてドクターストレッチに通う方は翌日筋肉痛になることでしょう。今まで伸ばしたことがないところまで筋肉を伸ばすことになりますので。やはりプロに任せるのは何でも早いです。

ドクターストレッチの背術の流れ

ここからはドクターストレッチに通った際の流れをざっくり説明していきます。

事前予約必須

まずは背術を受けたい日時を予約します。飛び入り参加も不可では内容ですが、ほとんど予約が埋まっているので断られることも多いかと思われます。

ドクターストレッチ公式サイト(https://doctorstretch.com/)からも予約はできますし、ドクターストレッチのアプリからも予約は可能です。店舗によってはかなり予約が取り辛いので早めの予約がオススメです。

またトレーナーには階級があり、人によって指名料が変わります。経験豊富なトレーナーに対応してもらいたい場合はランクがついているトレーナーを指名しましょう。アルファベットが名前の横についている人は何らかのランクがついています。

指名しない場合、空いているトレーナーがランダムで選ばれるみたいです。

来店〜お出迎え

お店についたら受付で予約している旨を伝えましょう。すぐに椅子に案内されます。ちなみに毎回水か白湯のどちらがいいか聞かれます。

時間になったら担当トレーナーが挨拶に来てくれ、着替えの部屋に案内されます。

教育が徹底されているのでしょうが、スタッフは全員声が大きくハキハキとしています。元気ハツラツな雰囲気が漂っていて気持ちがいいですが、合わない人は合わないかもしれません。

着替え

着替えスペースに通され、ドクターストレッチ専用のウェアに着替えます。

よっぽどのスポーツウェアでない限り、着替えを強制されます。ストレッチジーンズとかは完全アウトです。

専用ウェアの方がトレーナーさんも背術がしやすいかと思うので素直に着替えて上げましょう。ですがウェアはけっこうダサめです。

体の状態の確認

着替えが終わると、背術を行うベッドに案内されます。ここで現状の体の悩みなどのヒアリングが行われます。

ドクターストレッチでは背術のマニュアル化された流れがあるわけではなく、人によって背術内容が変わるようです。なのでこのヒアリング内容をもとにどのようなストレッチをするかトレーナーさんも決めるため、適当に答えず体の状態を出来るだけ詳しく教えてください。

僕の場合「不調はないから、体のとこが固いかを知りたい」と答えたらけっこうトレーナーさんも困っていました。

ストレッチ開始

ヒアリングが終わればストレッチ開始です。トレーナーさんは積極的にコミュニケーションをとってくれるので、気まずくなることもないでしょう。

体が固い人は背術はけっこうきついかと思われます。ストレッチだからといって体を伸ばすだけでなく、マッサージのように指圧を行うこともあります。

今まで伸ばされたとこがない所や、押されたことがない所を押されるのでけっこうきます。マッサージとか好きな人は最高ですが、苦手な人は地獄の時間ではないでしょうか。

体はかなり楽になります。

体のチェック

背術が終わると体のチェックです。背術前後で体にどのような変化が起きているかをチェックします。この時点で体が柔らかくなっていても安心してはいけません。1日後、早ければ数時間後にすぐに体は硬くなってしまいますので。

ですが、継続してストレッチを受けることで徐々にデフォルトの体の柔軟性も上がってくるのでそれで体の問題が解決することもあるでしょう。

背術が気に入ったら継続してストレッチを受けることも検討してみてください。

会計

最後にお会計です。この際にまた水か白湯を進められます。

次回予約日を聞かれますが無理に予約する必要はありません。

また、これが初回来店の方はなかなか強めの営業を受けるので覚悟しておきましょう。初めから継続する気があるなら問題ないですが、初回キャンペーンがあったからとりあえず受けてみた、みたいな人はなかなかの営業にびっくりするかもしれません。

ドクターストレッチで判明した体の問題点

今回柔軟性UPが目的でしたが、思いの外、体の問題点を指摘されました。そうやら、太ももの外側、肩甲骨周りがかなり硬くなっているとのこと。

太ももの外側は自分でも固いことを実感していましたが、肩甲骨は以外です。太ももの外側の硬さは腰の痛みに、肩甲骨の硬さは肩こりにそのまま直結するとのこと。

特に太ももの硬さは異常なそうで、太ももの裏が柔らかいだけにバランスの悪さが体にいろんな不具合をもたらしているそうです。疲れがとれにくいのも太ももの硬さが原因みたいです。

若干、営業のために大げさに症状を指摘している間も否めませんでしたが、担当トレーナーの背術は気持ちよかったのでこれから継続して通ってみようかと決めました。ここまで大げさに言われたら不安にならない方が無理です。

何にしろ、自分の体の問題点を把握できたのはかなりいいことですね。ストレッチは自分でもできますので太ももの外側は重点的にストレッチをしていく予定です。合わせて肩甲骨も。

1回60分約7,000円と決して安くはないドクターストレッチ。5回通うことに決めました。確実に効果を出したいです。

また5回のストレッチ終了後、体にどのような変化があったか記事にまとめる予定です。

 

よかったらシェアしてね!

この記事の著者

アシュタンガヨガ頑張ってます。元パーソナルトレーナー/RYT200

目次
閉じる