アシュタンガヨガの勉強におすすめの本4選 【初心者向けから中級者まで】

アシュタンガヨガは動きの順番が決まっており自分の習得具合を可視化しやすいので、ある種の競技性のあるヨガスタイルです。

アーサナの順番を覚える必要があり、また一つひとつのアーサナができるようになる為にも毎日の練習が必要です。日々アシュタンガヨガの練習に奮闘される方も多いことでしょう。

いち早くアシュタンガヨガのアーサナを習得するためには、書籍の力を借りるのもおすすめです。

この記事では、アシュタンガヨガを習得する際に私(@azizi_yoga)が、参考にした本を紹介しています。

初心者向けの書籍がほとんどですので、これからアシュタンガヨガを始める方もぜひ参考にしてください。

目次

アシュタンガヨガ初心者の
本の選び方

初めて本を購入される場合、どのような基準で本を選ぶべきでしょうか。

書籍選びのポイントをいくつか抑えることで、購入後にあまり役に立たなかったがっかりすることも防げるかもしれません。

アシュタンガヨガのアーサナの解説という観点で本を選ぶ際にチェックしたほしいことは以下の3つです。

呼吸のタイミングがわかるか
シークエンスは記載されているか
アーサナの解説はわかりやすいか

以下順番に解説していきます。

呼吸のタイミングがわかるか

初心者の頃はアシュタンガヨガの呼吸のタイミングがよくわからなくなることがあります。

アーサナとアーサナの間にどのタイミングで呼吸をすべきか忘れがちです。

呼吸のタイミングがまとめられた本が一冊あると、随時チェックできるので練習が捗るでしょう。

シークエンス(動作の順番)は記載されているか

アシュタンガヨガの習得の為には、シークエンス(動作の順番)を覚える必要があります。

アシュタンガヨガを専門としない一般的なヨガの書籍にはアーサナ(動作)の解説は掲載されているのですが、どの順番で動けばいいかの解説は紹介していません。

アシュタンガヨガ専門のシークエンスを紹介している書籍を一冊持っていれば、何度も確認できるので便利です。

アーサナの解説はわかりやすいか

わかりやすい写真を使ってくれているかはもちろんですが、言葉の説明もわかりやすいかはとても重要です。

動作の言葉での説明ってかなり難しく、自分で読んでみて説明が理解できるかは可能であれば購入前にチェックしてみてください。

また、動作時の注意点などが記載されていると、怪我のリスクを下げながら練習に取り組めます。

アシュタンガヨガ初心者に
おすすめの本

ヨガ

私はアシュタンガヨガを始めるにあたり、まずは以下3つの書籍(雑誌含む)を参考にしていました。

『アシュタンガヨガ〜初級・中級・上級(A&B)〜』は上級者向けと言いますか、少し敷居の高い本ですが、その他2冊はとっかかりやすいデザインですので、初心者にもおすすめできます。

吉川めいのアシュタンガヨガ基礎レッスン

吉川明先生のレッスン教本

日本人女性で初めて、インド総本山KPJAYI公認のアシュタンガヨガインストラクターになった吉川めいさんが解説するアシュタンガヨガの書籍です。

彼女のヨガ人生における経験の中で実感した、ヨガや食事についての知識を解説しており、実践に即したものとなっております。

女性アシュタンガヨガの第一人者がどのような軌跡を辿ってきたのかを知ることもかなり勉強になります。

ただし、アシュタンガヨガの動きについては、ベーシックの部分のみを解説しているので、ある程度ヨガの経験を積んでいる人にとっては物足りないかもしれません。

ある種、吉川めいさんの伝記的な位置付けで購入すると良いでしょう。

もちろん、彼女のファンは必読です。

YOGAポーズBIBLE

YOGAポーズBIBLEは情熱大陸にも出演した更科有哉さんがモデルを務める、ヨガポーズ集。

かなり豊富にポーズの種類を掲載しているので、新しいポーズを覚えたいと思った際に参考になるでしょう。

アシュタンガヨガのシークエンス(動きの順番)については掲載しておらず、ポーズ単位で動作の確認をする際に使うことをおすすめします。

本の後半には、高難易度もポーズも掲載しているので、いつかポーズができるようになった姿に思いを馳せると楽しいかもしれません。

アシュタンガ ヨガ~初級・中級・上級(A&B)~

アシュタンガ ヨガ~初級・中級・上級(A&B)~』はアシュタンガヨガのバイブル的な位置付けの本です。

初めてアシュタンガヨガのアドバンスA、アドバンスBを収録した書籍として有名とのこと。(ただ、何度が高すぎて初心者にはあまり参考になりません)

日本語訳の監修には、日本のアシュタンガヨガの第一人者と呼ばれるケン・ハラクマ先生が担当。

前半にアシュタンガヨガの簡単な歴史の部分について解説、後半はアシュタンガヨガのそれぞれのレベル(プライマリー、インターミディエイト、アドバンス)について解説しています。

一連の流れが確認できるので、シークエンスの予習・復讐にもおすすめです。

Kindle版だと648円、単行本だと4077円(2019年6月現在)と価格に大きな差があるので、どちらの種類を購入するかは検討してください。

個人的には動きの確認がすぐできるように、単行本での購入がおすすめですが、価格差を考えると悩むところです。

The Spirit of Ashtanga Yoga -ケン・ハラクマ-


The Spirit of Ashtanga Yogaは日本におけるアシュタンガヨガの第一人者「ケン・ハラクマ」先生の書籍です。

ちなみにケン・ハラクマ先生は先に紹介した『アシュタンガ ヨガ~初級・中級・上級(A&B)~』の監修も手がけています。

この本はアーサナの解説はないものの、アシュタンガヨガにおけるマインドの部分を深く解説してくれている本で、アシュタンガヨガとは何なのかの理解に大きく貢献してくれます。

まだまだヨガのカルチャーに馴染みのない方は、ヨガへの理解を深めることができるでしょう。

アシュタンガヨガにおすすめの本を目的別で整理

アシュタンガヨガ初心者におすすめの本について紹介してきました。

目的別におすすめの本をまとめたので、本選びの参考にしてみてください。

アシュタンガヨガのさわりの部分を知りたい
吉川めいのアシュタンガヨガ基礎レッスン
    
いろんなポーズをみてみたい
YOGAポーズBIBLE
    
バイブル的な本で本格的に学びたい
アシュタンガ ヨガ~初級・中級・上級(A&B)~

アシュタンガヨガに限定して本を選ぶと、どうしても選択肢が狭まりますが、ヨガ全般の本を探すと、世の中にはたくさんヨガの本があるのがわかります。

是非、自分にあった信頼できる本を見つけて、より一層ヨガの練習に励んでください。

よかったらシェアしてね!

この記事の著者

アシュタンガヨガ頑張ってます。元パーソナルトレーナー/RYT200

目次
閉じる